トップ ホテル検索情報局について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




ホテル検索情報局知らなきゃ損するホテル最新事情 > デイユースとは

デイユースとは

デイユースとはの画像

ホテルのデイユースは「ショートステイ」「日帰りプラン」などとも呼ばれており、数時間をホテルの一室でのんびり過ごすことが出来るプランのことです。

時間や内容、料金等はホテルによって様々ですが、1人あたり7000~15000円の所が多く、シンプルに客室を貸すだけの所があれば、食事付きであったり、温泉に入れたり、スパやスポーツジム・プールを利用出来たりなど様々な特典を付けている所もあります。

デイユースと言うと、昼間の時間帯に利用するイメージがありますが、ホテルによっては夕方から夜にかけて利用出来るコースを設けている所も少なくありません。

仕事帰りのリフレッシュに用いるのはもちろん、恋人とのデート、あるいはお友達と一緒に利用するのも楽しいですよ。

デイユースの使い方としては、まず日帰り旅行の拠点として利用するのが一般的です。

この場合、大きな目玉となるのが食事であり、通常の宿泊客と同様のランチやディナーを楽しめる他、温泉や大浴場がある場合にはそちらも利用することが出来ます。

温泉街にあるホテルの中には、ホテル内だけでなく近隣の温泉施設も巡れる「温泉巡り」を実施している所があり、日帰りながらも本格的な旅行気分が味わえるということで人気です。

デイユースの使い方としては、他にも旅行や出張中の休憩、仕事後のリフレッシュといった利用方法もあります。

ビジネスホテルやシティホテルにこのパターンが多く、客室を貸すサービスだけにとどめているものの、ホテル内の施設に関しては宿泊客と同じように利用することが可能です。

お昼寝や入浴で体を休めるのを目的に利用する方が多いのですが、ホテル内のレストランで食事をしたり、スパやジム・プールでリフレッシュしたりなどちょっとリッチな気分を味わうのにも適しています。

デイユースが可能なホテルは、近年増え続けています。

理由としては、不景気による宿泊客の減少が大きいのですが、リーズナブルな料金で利用出来るデイユースをきっかけにクチコミが広まったり、新規の宿泊客を開拓出来たりといったホテル側のメリットも大きいようです。

スポンサードリンク

ホテル検索情報局のおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ビジネスホテルとは

ビジネスホテルとは、出張のビジネスマンを主なターゲットとしたホテルの総称です。 通勤における利便性を第一に考えられているため、駅から歩いておよそ15分以内の場所に建てられているのが大きな特徴で、主に都市部の繁華街に多く見受けられます。 シティホテルなどと比べると建物の面積が小さく、サービス体系がシンプルで低価格なのもビジネスホテルならではの特徴と言えるでしょう。 ルームサービスを行なっていないビジネスホテルがほとんどのようです。 しかし、朝食サービスを行なっている所は多く、

ホテル検索情報局について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。